『ラヂオの時間』の感想

今は、数々の映画を監督している三谷幸喜さんですが、この『ラヂオの時間』が初監督作品です。 元々は三谷さんが主催する劇団東京サンシャインボーイズの演劇のために書いた脚本なのだそうです。 唐沢寿明さん、鈴木京香さん、布施明さんなどの豪華キャストに加えて、三谷脚本ではおなじみの西村雅彦さん、戸田恵子さん、小野武彦さんなども出演されています。 三谷さんの脚本にありがちな、クスッと笑える会話の応酬や、奇想天外な場面転換などが盛り込まれていて、一瞬も飽きることなく集中して見ることができます。 見終わった後に、ほんわかと優しい気持ちにさせられるのも、この映画の特徴です。

 

ストーリーは至って簡単。 ラジオドラマの収録現場が舞台です。 主婦が丹精込めて仕上げたラジオドラマの脚本をタレントさんが吹き込んでいくのですが、主演女優、千本のっこのわがままでだんだん話の内容が変化していきます。 千本のっこに振り回される、スタッフの様子がもう面白くて、面白くて。 熱海を舞台にした漁師と普通の主婦のラブストーリーが、気がつけば、シカゴが舞台の女弁護士と、パイロットの物語になっているという、何ともコミカルな映画です。

 

そして、嬉しいことに三谷幸喜ファンにはサプライズがあるのです。 あのテレビドラマの名作「古畑任三郎」と微妙にリンクしています。 犯人役のDJ、おたかさんこと中浦たかこを演じた桃井かおりさんが、再びその役を演じています。 粋な演出ですよね。

 

映画の着地点はハッピーエンドだとは、わかっているのですが、収録現場のトラブルにはハラハラドキドキさせられます。 可笑しいのに、主婦ライターさんに同情したくもなります。 だって、せっかく書いた脚本が、だんだん自分の思う作品からかけ離れていくのですから。 セットは地味だし、アクションシーンもありませんが、ハートウォーミングなコメディです。